2006年09月28日

風神雷神の比較のポイント!

 次に、表現の特徴について見てみましょう。宗達は肉太で柔らかな線と重厚な彩色を以って表現するのに対して、光琳は主に描線の力で表そうとしています。分かりますか?



 そのために、光琳のはねっとりとうねり、互いにからみみ合う描線が宗達のよりも強く感じられます。そのような特徴は、光琳が江戸に住んだときに、雪舟や雪村と伝わる(偽物もあったと思います)水墨画から摂取したものだろうと言われています。



 抱一はというと、その描線を忠実に写そうとしますが、好みに合わなかったのでしょうか、からみ合いを簡略化したり、うねりの線を和らげたりしています。そのため、軽妙で骨気のない表現となってあまり迫力のない風神と雷神になっている印象があります。



 今回参考にしている山根有三先生の論文のなかで、「宗達の風神雷神図は、二神の姿態や翻る天衣と裙の配色などに不可解なところが多い。」とおっしゃっています。



 裙の配色に関しては以前に面白い説を紹介しましたので、見かけの点についてここでは紹介したいと思います。以前にも紹介しましたが、宗達は風神雷神を、北野天神縁起絵巻という平安時代の絵巻物に出てくる雷神を参考にして形を作っています。



 その際には屏風絵の主題とするため、表現目的に適するために、大きな改変をくわえているそうです。たとえば、雷神の両腕や両足、風神の左腕や左脚などがそれでとくに雷神の左手は右手としか見えません。色の変更についてはこちらを見てください。



 もう一つ。宗達は雷神の天衣の裏の白色がひらひらと風神の白い風袋へ向かって飛ぶようにしていますが、後輪は雷神の天衣と風神の肉身自体がマッチするように変えています。


 
 また、宗達の雷神の翻る天衣が、上下両方とも太鼓の輪の後方を横切るのに対して、光琳の天衣は上のほうは辛うじてそのままですが、下の衣は太鼓の輪の前方を横切っています。この点は宗達と光琳の趣向をそのまま表していると見て取ることができて、大変興味深い点だと思います。つまり、宗達は空間をとくに意識して奥行きをデリケートに表現しようとしている一方で、光琳は空間にはこだわらないであくまでも平面にこだわっているようです。実際に光琳の趣向は空間よりもデザイン性にあるといえるのではないでしょうか。


 
 出光美術館へは開館時間を目指していくことをお勧めします。開館して一時間くらい立つと、鬼のようにたくさんの人が押し寄せて、入場制限が掛かるかもしれません。
posted by にわか at 11:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 風神雷神図屏風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

宗達・光琳・抱一を比べる。今回の展覧会の醍醐味。

では、開催期間ももう一週間を切ってしまいましたが、風神雷神図屏風を本格的に取り上げて見ましょう。抱一の絵画はあまり「謎解き」というほど深い意味は込められていないように私自身感じていますので、「見た目」という点から光を当ててみたいと思います。



まず、宗達の雷神を見てみますと、視線を下界に投げているのに対して、光琳の雷神の視線は一方の風神に投げかけられています。

宗達雷神.jpg 宗達風神.jpg


次に雲に注目してみますと、大きさや形はほぼ近いといえますが、宗達の雲は金空にふんわりと軽やかに浮かんでいるように感じられる一方で、光琳の雲は雨雲のような重量感を持っているように感じられるでしょう。

光琳風神雷神.jpg


ここまで、二人の雷神と雲を眺めてきましたが、抱一のはどうでしょう。抱一は宗達の風神雷神図を、描いた時点では見たことがなかったと言われています。彼は光琳の風神雷神図を目の前にして模作をしたそうです。



彼は、各屏風の画面を大体、四角形に改め、風神雷神の姿勢はほぼそのまま写しています。強いて言えば、光琳の雷神よりも配置を少し高く、風神を少し低くしているそうです。

抱一風神雷神左HP.jpg 抱一風神雷神右HP.jpg



この変更によって、10pくらい風神の眼の方が低く位置し、光琳のように風神と雷神が同じような高さでにらみ合うのを避けるとともに、風神の風袋の上方に金の余白を多く配したとされています。多分、わざと変更したんだと思います。江戸っ子の心意気でしょうか?



けれども、一番の変更点はというと、実はあるんです。それは雲に動きを与えたこと。光琳のギュッと集まっていた雷神の雨粒を四方へ広げて、風神の黒雲は前方と下方への激しい動きを墨線で描いています。この点は画面に視覚的に描くことを好んだ抱一の特徴がよく表れていると言われます。
posted by にわか at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 風神雷神図屏風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

宗達・光琳・抱一三人の顔を見る。

 ちょっとした思い付きで俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一三人の風神雷神の顔を見たら面白いかもしれない。と思ったので、今回は三人の顔を並べてみようと思います。


 何か面白い発見があるか、それとも並べただけで終わるか、そこまでは私も何ともいえませんが、試しに息抜きの意味合いも込めてやってみましょう。


 順番は不同にしておきましょう。


 風神の顔

抱一風神顔.jpg 宗達風神顔.jpg 光琳風神顔.jpg

 雷神の顔

宗達雷神顔.jpg 抱一雷神顔のコピー.jpg 光琳雷神顔.jpg


 さて、どれがだれの顔か当ててみましょう。それぞれの画家の特徴を自分の中でカテゴライズしておいて、見たときに「誰の様式だ!」と特定するのも学芸員の特殊能力の一つです。ぜひ、トライしてみてください。解答は次回に掲示します。
posted by にわか at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 風神雷神図屏風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

抱一の遊び心

 まずは「風神雷神図屏風」を見る前に「夏秋草図屏風」を見てみようと思います。


夏秋草図屏風左HP.jpg 夏秋草図屏風右HP.jpg


 「なぜだ??」とお思いになられた方もいらっしゃるかも分かりません。はい、この「夏秋草図屏風」は今は別々にして保管されていますが、もとは尾形光琳の描いた「風神雷神図屏風」の裏っ側に描かれていたものだそうだからです。


 もちろん抱一よりも光琳の方が遥かに前の時代の人ですから、光琳が「風神雷神図屏風」を描いたと同時にその裏っ側に描かれたというものではありません。定かな話ではありませんが、抱一の家に光琳の風神雷神図屏風があって、本物だと知ってか知らずか一体にしてしまったそうです。時空を越えたコラボレーションだったんですね。


 そして、この絵は「ただ何となく夏の草と秋の草を描いた」というものではなくって、本来の場所つまり、光琳の「風神雷神図屏風」の裏っ側に戻して鑑賞してみますと、雷神の背面に夕立の雨に打たれた夏草、風神の裏に野分(台風)の風に吹かれた秋草を描いています。


 雷神の裏に夏草です。風神の裏は秋草です。どうでしょうか。もうお分かりでしょう。抱一は雷神から夏の夕立を連想し、風神からは秋の台風を連想したことが分かりますね。しかも、金地で天空の表面に対して、抱一は裏面に銀地で地上の草を描いているのです。なんとまぁ、洒落っ気たっぷりの遊び心でしょうね。

光琳風神雷神.jpg 

夏秋草図屏風右HP.jpg 夏秋草図屏風左HP.jpg  


 どうやら、酒井抱一はこういう機知に富んだ遊び心たっぷりの人物だったと考えられているようです。画家として名が知られてからの抱一に多くの注文が依頼されるようになると、「金もほしいけど、自らあくせくすることにも気が進まない。どうしよう。そうだ、弟子にやらせてしまえ。」というように弟子の鈴木其一やその養父の鈴木蠣潭らに代筆させたりもしています。舌を「ペロッ」なんてしてる抱一の姿が目に浮かんでこないでしょうか。


 そんな、遊び心は一体どこからやってきたのでしょうか?


 おそらくそれは彼の生まれ育った環境から来ているのでしょう。何を隠そう、抱一は御殿様の家系なのです。彼自身は御殿様にはなっては居ませんが、彼の兄は御殿様です。


 そんな恵まれた環境の中で、絵画のほかに武術、能、仕舞、太鼓、連歌、茶なども行い、抱一は多趣味だったそうです。そのような環境で育ったからこそ機知に富んだ遊び心を見につけていったのだろうと思えてきます。


 しかし、そんな抱一は次第に大名の生活を堅苦しいと思うようになっていって、三十七歳のときにそれから逃れるためだけに出家をしています。なんだかこのあたりの奔放さは放蕩で名を馳せた尾形光琳に通じていると思えてなりませんね。
posted by にわか at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 風神雷神図屏風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

風神雷神図屏風の抱一って誰?

 ご無沙汰です。伝源頼朝像を途中で放棄してしまい、誠に申し訳ございません。今後はそのようなことがないよう、十分注意を払っていきたいと思っています。


 今、出光美術館では10月1日まで三つの風神雷神図屏風が展示されています。作家は古い順で俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一です。俵屋宗達と尾形光琳については以前にも何度か紹介しておりますので、今回は酒井抱一を優先して紹介させていただきます。


 俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一と並べてみると知名度に劣るのが酒井抱一ではないでしょうか。この人は「さかいほういつ」と呼ぶそうです。この「抱一」というのは出家した後の名前だそうで、それ以前の名前は忘れました。


 さて、今回の紹介では抱一の風神雷神図屏風ももちろんのこと、「月に秋草図屏風」「夏秋草屏風」「四季花鳥図屏風」という抱一の代表作についても少し触れながら話を進めていきたいと思っています。そうしながら、光琳と抱一の絵画に表れてくる違いを比較してみたいと思っています。そうすることでこのサイトを訪れてくれる皆さんと「へ〜」とか「アは」とかいうような発見が出来たらなぁと思っています。


 図は次回提示いたします。どんな絵なのか想像してみてください。では次回をお楽しみにしておいてください。
posted by にわか at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 風神雷神図屏風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。