2006年10月14日

ピックアップ

 http://dailynews.yahoo.co.jp/photograph/pickup/?1160822102


 気になった記事なのでリンクを張っておきます。


 ランドマークタワーの紹介文を引用いたしますと、

引用はじめ

 世界文化遺産に指定されている霊山の高野山・比叡山で受け継がれてきた、日本の声楽の原点声明と、世界的な照明デザイナー・石井幹子氏によるコラボレーション。総勢50人の法衣姿の僧侶が 練り歩きながら披露する「声明」と、会場全体を包み込む現代の最先端の「あかり」が、新たな芸術の 世界を作り出します。「声明」の公演中に、高野山・金剛峯寺所蔵「両界曼荼羅図」(国の重要文化財指定)がランドマークタワーへ大きく投影されます。

引用終わり


 上で、色を変えた「両界曼荼羅」は比叡山・延暦寺の手によって制作されました。その後、信長の比叡山焼き討ちにあって高野山・金剛峰寺へ疎開されたと文献にて証明されています。


 「叡山の僧侶と高野山の僧侶がコラボレーションする」っていうのはいかにも現代的な感覚で、エンターテインメントな気色が強く感じられますが、それはこのような時代ですので致し方ないことだと私は感じております。


 平安時代のことはよく分かりませんので詳しいことは述べられませんが、両者の関係上、従来あまりこのような競演は考えられないことだったのでは
ないかと思います。だからこそ「競演」とされたのでしょう。


 今回の試みはオペラのようなイベント的な要素が強いのですが、是非「両界曼荼羅」など仏画にも興味を持っていただいて、お寺に足を運んでもらえたら私としてはとても嬉しく思います。


 今回のイベントからも分かるように、仏画は本来美術品として作られたわけではないことを忘れてはなりません。作られた時代の人々の信仰の中で制作されて、信仰の中で使用されてきたのです。にわか学芸員としては当時の人々の心的世界に「美術作品」を通じて近づいていけるような展覧会を企画してみたいとつくづく思っています。
posted by にわか at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

仏像の展覧会に行って見たい?

 「近世絵画が人気がある」というのはありがちです。何でか?と考えたときにその答えは「やっぱり分かりやすい」からだと思います。見てすぐに何が描かれているのかが分かるっていうのが近世絵画の一つの特徴ではないだろうかと思います。もちろん中には例外もありますが...。


 一方であまり人気がないジャンルの一つに「仏像」が挙げられるかもしれません。近世絵画とは逆に「イカメシイ」とか「分かりにくい」というイメージがあるからでしょうか?


 そんな不安はあるんですが、しかし今秋は全国で仏像展が元気なようです。新潟県立近代美術館では新潟の仏像展が開催されますし、その展覧会図録の解説者は錚錚たるメンバーです。


 名古屋市博物館でも開催されます。


 今秋で一番私が期待しているのが東京国立博物館の特別展「仏像 一木にこめられた祈り」展です。まぁ、知っている人からすれば、落ち着くべきところに落ち着くのか...とお思いに成られるかもしれませんが、そのあたりは業容赦ください。


 こちらをご覧ください。pdfファイルなので開くのに多少時間がかかります。


 2ページと3ページに紹介されています。それらの仏像の見どころを今後紹介していけたらいいなぁと考えています。仏像の画像はコピーライトが厳しいので一々上げて紹介することはできないので、上のpdfファイルを参考にして読み進めていっていただけたらと考えています。
posted by にわか at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。