2006年04月19日

うわぁ、カラスがいっぱい。

 根津美術館では「燕子花図と藤花図」という展覧会が開催されています。燕子花図は尾形光琳、藤花図は丸山応挙。燕子花図は国宝です。私は何度も見ているのですが、やはり別格です。鮮やかな緑色は当時光琳にしか出せなかった色だそうです。

 今回は燕子花図はそんなところにしておいて、燕子花図について詳しくは絵画の見方のコーナーに記してあるのでよかったら読んでいってください。

 で今回、書きたくて書きたくて仕方がないのが作者不明(分かっていたらごめんなさい)の「烏図屏風」です。

IMG_1169.jpg

 上の図は二隻(一双)ある屏風のうちの右側です。なんでこんなところに烏の絵なんかがあるのだろう。入った瞬間私はそう思いました。

 だって、入ってすぐ吉野瀧田図があって、夏草図があって、蹴鞠図、麝香(猫とかイタチとか)図、藤花図など、美しかったり、まぁ有りかなと思うような絵の中に、デンと鑑賞する広場を挟んで燕子花図と向かい合ったところに展示されているのです。

 ん〜。と、しばし見入ってしまう...



 何羽いるのだろう?






 なぜこんなにたくさん?





 なぜ?なぜ?なぜ?







 と、いう風にいろんなことを考えてしまいました。よく見ていますと確かに琳派の仲間に入れてもよいのかもしれないな。とか思ってきたりしてきます。

 「向かい」といって遥か向こうですが燕子花図屏風と見比べてみてください。どういう印象を抱きますか?この後のことはここでは説明しません。実際に見て燕子花図と似ている点を発見してください。その似ている点に気づいたとき、また、ここにコメントを残していただけたら私はうれしいです。

 image07.jpg

 燕子花図ではありませんが、上の俵屋宗達「鶴図」に似ていると思いませんか?俵屋宗達は実際のところ琳派の祖と言われることもあります。琳派の「琳」は尾形光琳の「琳」ですが、風神雷神図屏風で分かるように俵屋宗達を学んでいます。往々にして琳派の画家は「師弟」の関係ではなく、自主的に学ぶことでつながっています。狩野派とはかなり性格を異にしています。

 ですから、鶴図に似ていると思えば、琳派といえるのではないかな?と私は思ったわけです。たぶん、これは私の意見に過ぎないと思いますのでそのあたりはご容赦を。如何せん琳派の専門家ではありませんので間違っているかも分かりません。

 で、最後にですが、この烏図の中にカラスは何羽いるのでしょうか?数えてみてください。答えは私もよく分かりません。烏の群像が描かれていますが、何羽そこに重なっているのかよく分からないのです。これは中国の「鶉図」という三羽鶉がいるのに頭は二羽分、体は二羽分、足も二羽分だけれど、確かに三羽いることが分かるといった「騙し絵」的な香りも感じられます。

 さらに、地面にいるカラスになんか違和感があるなと思いました。なぜでしょう。それは会場でじっくりと眺めてみてください。おもしろい発見があるハズです。

 この絵を描いた人、注文した人かも分かりませんが私はかなりの遊び心を感じます。烏は何で?当時は嫌われていなかったの?嫌われていた烏だけど、それでわざわざ描いたの?こんな疑問も出てきたりして、ん?ん?ん?なんて。おもしろいですね。

 ぜひ、根津美術館に見に出かけてください。そして、ここにその感想を書き込んでください。ちなみに4月26日でアメリカのシアトル美術館かどこかに行ってしまうそうなので、それまでに見に行ってください。

 ではまた下の広告を押していってください。

  
posted by にわか at 00:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごいですね〜!こんな絵が作者不詳なんて!確かに鶴図ににていますが似て非なるものという感じですね〜。是非実物がみたいですが関西からは難しいです。なぜ作者は烏を選んだのでしょうか?烏は一、二匹は可愛いものですが、群になるとまがまがしい迫力がありますよね。この絵にもそれを感じます。烏の鳴き交わす声が聞こえてくるような不思議な絵ですが引き込まれそうな魅力を感じます
Posted by マム at 2006年04月22日 20:57
 作者不詳かどうか実のところ烏図の専門家ではありませんので、自信はないのです。ただ、一見したところ、落款といわれる記名や印章と呼ばれる判子も見当たりませんので、作品を見ただけでは分かりませんでした。

 どこかに落款が隠してありそうな気がするんですが、見つからなかったです。

 実際に本物を眺めていると、図版で見るよりもたくさんのおもしろい発見があると思いますので、根津美術館に出かけてみてください。
Posted by にわか at 2006年04月23日 00:41
マムさんごめんなさい。関西の方なんですね。よく読まないで返事を書いてしまいました。ご勘弁を。反省m(__)m
Posted by にわか at 2006年04月24日 23:40
にわかさん、わざわざコメントいただいて恐縮しちゃいます。でも烏図は本当に見たくて26日は朝から淋しい気持ちでした。
Posted by マム at 2006年04月28日 12:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16744519

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。